映画・映像・演劇産業で働く皆さん、
映演労連フリーユニオン
に入りませんか!

 映画・映像・演劇産業で働く皆さん。

 私たちが働くこの産業は、圧倒的多数のフリー契約者、アルバイト労働者、派遣労働者、下請労働者によって支えられています。映画も、テレビドラマも、皆さんたちを抜きには1本も作ることはできません。

 しかしフリー契約者、アルバイト労働者、派遣労働者、下請労働者の賃金や労働条件は悪くなる一方です。最低限の労働条件を定めた労働基準法すら守られず、地域最低賃金を下回ることすらざらです。最近ではまた、製作会社の倒産やギャラの未払いも増えています。

 フリー契約者やアルバイト労働者、派遣労働者、下請労働者と言えども、法に定められた労働者としての権利があります。

 それに、日本の映画・映像・演劇産業を支える皆さんたちの労働条件、労働環境を今のまま放置していたのでは、日本の映画・映像・演劇産業も文化もすたれてしまいます。

 私たち「映演労連フリーユニオン」は、映演労連(映画関連の産業別労働組合)が作った個人加盟方式の労働組合ですから、映画・映像・演劇産業で働いている人なら、誰でも、一人でも入れます。

 映画・映像・演劇産業で働く皆さん、「映演労連フリーユニオン」に入って、自分たちの雇用と権利を守りませんか。ぜひ一緒にがんばりましょう!

映演労連フリーユニオンがやること

 「映演労連フリーユニオン」がやることや、活動の基本は次の5点です。「映演労連フリーユニオン」に加入したらどういうことをやらされるのか、不安を感じている人もおられるかと思いますが、ぜひ読んでみて下さい。

1.映画・映像・演劇業界全体の労働条件向上をめざす活動

 「映演労連フリーユニオン」の活動の第一の目的は、映画・映像・演劇業界全体の労働条件の向上と、映画・映像・演劇労働者の権利拡大、地位向上です。

 そのために映画・映像・演劇労働者の連帯を進め、大手製作プロや映連(日本映画製作者連盟)などに要求を出し、交渉します。組合員の皆さんの所属する会社に要求書を出して交渉することもやります。

 また、映画・映像・演劇労働者の労働実態をマスコミにも訴え、社会的な運動を起こし、政府や自治体にも支援を求めます。

2.組合活動への参加は、すべて個々人の意思

 「映演労連フリーユニオン」に加入すると、さまざまな活動やイベントへの参加が呼びかけられます。でも、「映演労連フリーユニオン」は個人加盟の組合で、働いている場も、労働時間もバラバラですから、活動への参加は強制できません。組合活動への参加は、すべて個々人の意思、自覚によります。

 もちろん労働組合ですから、組合員としての権利と最低限の義務があります。権利とは、会議や活動に参加して意見を述べる権利であり、執行委員に立候補する権利などです。義務は、組合費を納めたり、組織を運営するための会議(大会など)に出席する義務です。でも、出席できない場合は委任することができます。

3.さまざまな情報が得られる

 「映演労連フリーユニオン」に加入したら、社会の動きや映像業界、アニメ業界の動きなど、さまざまな情報が得られます。これらの情報は、労働組合の立場で集めたものであり、労働組合の視点から見た業界の動きですから、一般のメディアから流されてくる情報とは一味違って、ものごとの実態や本質に肉薄したものです。きっとあなたのプラスになります。

4.共済活動も

 「映演労連フリーユニオン」は、組合員の共済活動も行ないます。少ない組合費の中から行なう活動ですから、大したことはできませんが、全員「労働共済」の「慶弔共済」に一口加入します。

 また、「映演労連フリーユニオン」加入と同時に発行される「映演労連カード」によって、映画館で1100円で映画が観られます。

5.保険機能としての労働組合

 労働組合の一番の機能は、いざ、となったときの保険的機能です。「映演労連フリーユニオン」も、組合員の皆さんが会社から不当に解雇されたり、ギャラの未払いにあったり、一方的に労働条件を切り下げられたり、労災にあったりしたとき、全力を挙げて闘います。

 そのために、弁護士とも顧問契約しています。また、私たちの闘いを支援してくれる大きな団体(全労連、MIC、地区労など)も数多くあります。

 だから「映演労連フリーユニオン」に加入すると、少しは安心して働くことができます。

●映演労連フリーユニオンって?

 改めて「映演労連フリーユニオン」のことを紹介します。

 映演労連(映画演劇労働組合連合会)というのは、松竹労組や日活労組、全東映労連、東映動画労組、大映労組、国際放映労組、舞台芸術家組合などが加盟する、映画・映像・演劇関係の産業別労働組合です。「映演労連フリーユニオン」は、その映演労連が作った個人加盟の労働組合です。

 組合費は年会費15,000円(月1,300円)です。安い組合費ですが、組合員の生活と権利、雇用を守ることには全力で闘う組合です。

 「映演労連フリーユニオン」の綱領や規約もご覧いただけます。

 映画・映像・演劇産業で働いている皆さん、ぜひとも「映演労連フリーユニオン」にご加入ください!

★「加入申込書」(PDF/77KB)をプリントアウトして氏名等を記入し、映演労連フリーユニオンに FAX してください。

PDF ファイルのご利用には Adobe Acrobat Reader(無料)が必要です。