映演労連の紹介

映演労連とは

 映演総連は2004年10月18日の第53回定期大会で、名称を「映画演劇労働組合連合会(略称:映演労連/えいえんろうれん)に変更しました。

 映演労連は、正式名称を「映画演劇労働組合連合会」(Federation of Cinema and Theatrical Workers Union of Japan)と言い、日本の映画・映像・演劇産業に働くもので組織された産業別労働組合です。

 「綱領」に

  1. 私たちは、映画演劇関連産業に働くすべての労働者の生活と権利を守り、労働条件の改善と社会的地位向上のために闘う。
  2. 私たちは、映画演劇文化と産業の発展のために闘う。
  3. 私たちは、憲法と平和、言論表現の自由を守り、民主主義を発展させるために闘う。
  4. 私たちは、思想・信条の自由、政党支持の自由を守り、組合民主主義を徹底して、連帯と団結を強化するために闘う。
  5. 私たちは、映画演劇労働戦線の全的統一のために献身的に闘う。

を掲げて、頑張っています。

映演労連の本部所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-12-9 グランディールお茶の水301号室
  
TEL = 03-5689-3970 FAX = 03-5689-9585
  
E-Mail:webmaster@ei-en.net
主な加盟組合
松竹労組、全東映労連、角川映画労組、日活労組
日本舞台芸術家組合(略称;舞芸=前進座支部・風の子支部・希望舞台支部・個人支部)
国際放映労組、歌舞伎座労組、歌舞伎座舞台労組、松竹衣裳労組 、映演労連フリーユニオン

STOP戦争! STOP改憲!
平和と民主主義を守り、雇用と権利、映演文化を守るために闘おう! 映演労連第65回定期大会報告

 10月14日(金)、映演労連は東京・文京シビックセンター5階会議室にて第65回定期大会を開催しました。大会はご来賓の日本共産党・田村智子参議院議員、全労連・橋口紀塩事務局次長、MIC・小林基秀議長のお三方より力強い連帯挨拶を受けて始まり、「STOP戦争!STOP改憲!平和と民主主義を守るために闘おう!」、「映演労働者の雇用音権利を守り、映演文化を守るために闘おう!」「映演労連の要求実現能力を高めて映演労働者が頼れるユニオンに!」のスローガンの下、活発な議論を展開しました。

 「情勢報告」や「運動方針案」提案後の会場討論では、各単組の代議員から産業・企業情勢の厳しい実態に触れながら、組織の強化・拡大にむけた取り組みなどが語られました。

 会場討論では10名が発言、産業・企業・職場情勢の厳しい実態に触れながら、組織の強化・拡大にむけた取り組みの報告や要望が語られ、総括と情勢を踏まえ、国会周辺から全国へと今も広がり続ける運動と強く連帯する決意を持って新たな運動方針を採決し、第64期の新執行体制を確立しました。

 その上で大会は新たな運動方針を採決し、第65期の新執行体制を確立しました。続いて大会は「大会宣言」を採択し、成功裏に終了しました。

 映演労連は既に16秋闘方針を確立し秋年末の闘いを開始しています。映演産業に働く仲間が結集する労働組合として、憲法改悪、戦争法発動を阻止し、平和と民主主義を守り、個人の尊厳を取り戻し、労働法制大改悪を許さず、生活と権利を守りぬく闘いに全力を尽くしましょう!

 なお、第65回定期大会には全印総連、民放労連、JMITU、中央区労協、出版労連などから暖かい激励のメッセージが寄せられました。


第65期・主な映演労連役員
中央執行委員長
金丸 研治(松竹労組)
中央副執行委員長
飯野 高司 (日活労組)
田口 仁(全東映労連)
南雲 真由美 (角川映画労組)
鈴木 龍男 (舞芸・前進座)
書記長
梯 俊明 (松竹労組)
書記次長
高貫 博子 (松竹労組)
深澤 英之 (フリーユニオン)

大会宣言

 いま日本の民主主義は、安倍政権の暴走により最大の危機に直面している。昨年成立した「戦争法」による集団的自衛権の行使容認で、南スーダンの戦闘地域へ自衛隊を派遣することが検討されている。解釈改憲による平和憲法を骨抜きにし、日本を「殺し殺される」国に作り替えようとする「積極平和主義」というワードは、国際社会において危険なナショナリズムだと危惧されている。その右傾化した政策の根拠は、7月の参議院選挙に勝利したことで民意を得たと言い、確信を持ってなりふりかまわず遂行しているからである。

 この選挙結果を基にし、労働法制の大改悪が強引に押し進められようとしている。「解雇の金銭解決」や「残業代ゼロ法案」なども、労働者を置き去りにして議論されている。多くの企業が労働者の賃金を抑制し、内部留保を増大させている現状がありながら、経済団体の代表は「国民に痛みを伴う改革を」と主張しているが、多くの国民は既に痛みに耐えきれず、困窮し切っている。

 また、「アンダーコントロールされている」とうそぶき、収束の目途すら立たない福島の原発事故をよそに、多くの民意を無視しながら原発再稼働を強行しつづけている。アメリカ大統領選の候補者が揃って反対しているにもかかわらず、国民的合意も無しに、前のめりになってTPPの批准をも今国会で成立させようとしている。

 私たちに降りつづける政治の暴走を跳ね除けるためにも、今こそ安倍政権の退陣を強く訴えなければならない。そのために良識ある民意を形成し、野党共闘をさらに強めて総選挙に勝利し、着実に政権を追い込まなくてはならない。もはや政権のスポークスマンに成り下がった大手マスコミにはまったく期待できないが、同じマスコミ労組の一端を担っているわれわれ映演労連の組合員一人一人が危機感を共有し、自覚を持って行動し、健全なる民主主義を自らの手で勝ち取らなければならない。そうでなければ社会的不安を払しょくし、人間らしく生きる権利を確保することはできない。

 本日、私たち映演労連は第65回定期大会を開催し、一年間の闘いを総括するとともに、大会参加者の旺盛な討論を経て、平和と民主主義を取り戻し、人間らしく働きながら生活と権利を守ることを強く求める闘いの決意を新たにした。

 そしてさらなる組織の強化拡大をもとにいっそうの団結力を持ち、映演産業に働く者の雇用と権利を死守し、映演文化産業の民主的な発展、TPP阻止、原発ゼロや温暖化の防止など地球環境の改善に向け全力を尽くし、格差と貧困をなくし、憲法の活きる社会を目指そう。

 全労連やMIC、地域の仲間と連帯し、思いを一にする諸団体との共同をはかり、要求実現のために闘い抜くことを、ここに宣言する。

2016年10月14日
映画演劇労働組合連合会 第65回定期大会


このホームページに関するお問い合わせは webmaster@ei-en.net へどうぞ。

Copyright (C) 1998-2015 Ei-en Roren, 映画演劇労働組合連合会 All Rights Reserved.